パソコンショートカットキーをあなたも使いませんか。効率的です。

AppSt02

アプリケーションの起動2

クラシック・スタートメニューへの変更方法です。

  • まず、マウスでの、変更方法です。
  1. スタートメニューを、マウスの右ボタンでクリックします。
      いつもの、左ボタンとは違いますよ。
  2. メニューが表示されるので、[プロパティ]を選択します。
     マウスの左ボタンのクリックです。
  3. スタートメニューの選択のためのダイアログボックスが表示されます。
  4. スタートメニューのラジオボタンがOnになっているはずなので、
     クラシック・メニュー側のラジオボタンをクリックします。
  5. OKボタンを、マウスの左ボタンでクリックします。

以上です。

これで、スタートメニューをマウスの左ボタンでクリックすると、
今までとは異なった、スタートメニューが表示されますね。
これが、クラシック・スタートメニューです。

windows XPより前からウィンドウズ・パソコンを使用されていた方には
なじみのあるメニューですね。

  • つぎに、同様の操作をキーボードで行う場合の操作方法です。
  1. [Windowsロゴ]キーを押します。
  2. [Esc](エスケープ)キーを押します。
     これで、スタートメニューボタンがアクティブになりましたね。
  3. アプリケーションキー(下に位置説明)を押します。
  4. メニューが表示されるので、[上カーソル]キーを数度押し、
     [プロパティ]で[Enter]キーを押します。
  5. スタートメニューの選択のためのダイアログボックスが表示されます。
  6. スタートメニューのラジオボタンがOnになっているはずなので、
     クラシック・メニュー側のラジオボタンをOnにするために、
     [右カーソル]キーを押します。
  7. [Tab]キーを押し、OKボタンにフォーカスを移動して、
     [Enter]キーを 押します。

これで、クラシック・スタートメニューに変更できました。
[Windowsロゴ]キーを押すと、スタートメニューの表示が変わりましたね。

今回の操作においては、マウスの方が楽でしたね。
まぁ、こんな例もありますよ。(ニコニコ)

でも、画面が見えない人は、スクリーンリーダで音声を聞きながら、
この様にして、キーボードでも
操作できるってことを理解していただければ、嬉しいです。

今回の操作で、クラシック・スタートメニューに変更すると、
前回の操作での電子メールの起動はできなくなってしまいますね。

クラシック・スタートメニューでも、当然ながら、効率よく、
電子メールの起動をすることはできます。

電子メールやインターネットだけでなく、どんなアプリケーション・ソフトでも
起動できる、汎用的な操作方法ですよ。

この方法については、次回か、次々回に紹介しますので、
ちょっとだけ、待っててくださいね。(ちょっとだけよ)

今まで、XPスタートメニューを利用されていた方は、
一旦元に戻しておいてくださいね。

[プロパティ]を選んで表示される、ダイアログボックスの
ラジオボタンを元の、スタートメニューにして、OKボタンを
クリックしていただければ、元に戻ります。

今回は、今後効率アップをしていくための準備でした。

でも、ほとんどの人は、[アプリケーション]キーなどがあることすら、
ご存じなかったでしょうね。
これからも、時々使っていくキーですよ。

操作説明からもお分かりだと思いますが、
マウスの右ボタンに対応していますね。

それじゃ、マウスの左ボタンに対応したキーは???
はたして、どれでしょう?

おわかりかな? そこのお人!

■おまけ
インターネット・エクスプローラ(IE)において、ホームページ表示後に、
本文の適当な位置にマウスカーソルを移動して、
トリプル・クリックを行ってみてください。

さて、どうなりました?
あとの活用方法は考えてくださいね。
コピーなどに活用できるんじゃないでしょうか?

・トリプル・クリック:マウスの左ボタンを3階、カチカチカチと
続けてクリックします。

■用語の説明
・ダイアログボックス:対話窓とも呼ばれ、各種設定や、ファイルを開いたり、
 保存したりするときに表示されます。

・ラジオボタン:ダイアログボックスなどで使用され、いくつかの中から、
 一つだけを選択する場合に用いられます。
 これに対して、チェックボックスはいくつでも選択できます。
 一つも選択しないこともできます。

 古い人は(失礼!)ご存じでしょうが、昔のカーラジオの
 選局ボタンを思い出してくださいね。
 語源はここから来ているようです。
 僕も古いなぁ!(ニコニコ)

powered by Quick Homepage Maker 4.53
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional